ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.05.01 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.30 Monday

公演終了。

 東北大学学友会演劇部、新入生歓迎公演「勃発!」は、昨日。4/29の回をもって、無事終演いたしました。
全8回、のべ200名のお客様に来ていただきました。
あらためて来てくださった方々、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。


僕はこの舞台に出演していたので、毎回毎回生で見ることはできず、映像を確認してできるダメ出しを役者にしていました。
まだ千秋楽の映像は見ていません。見たいのだけれど、昨日の打ち上げから今ここでこの日誌を書いているところまでが怒涛のようで、まだ見られていません。明日にでも見ようかしらと思っています。

東北大でこれまで2年公演に関わってきてここまで好きと嫌いがどっちもみられるアンケートもなかなかないな、というのが率直な感想でした。あと、わからない、っていうのもね。
それは、もちろん脚本や演出、役者に舞台にと、至らないことが多くてわからなかった、というのも多分にあるのでしょうが、そうではない「わからないことの快感」みたいなものを感じられた人がいるのであれば、幸いです。

以前から僕達を見てくださっている方はご承知のことかと思いますが、東北大学学友会演劇部が、別にこういうえぐくてエログロナンセンスなことばかりをやっているわけではないし、僕達はすごく自由な団体なので、これからどういう芝居が増えていくのかはわかりません。これはあくまで個人的な意見ですが、どの公演であっても、自分自身に、来てくださるお客様に、それから仲間と舞台に、誠実な集団であれたらいいな、と思っています。


さてさて、この公演はこれにてお開き。僕も演出という役職をはずそうと思います。一緒に作品を作ってきた27人のメンバー受付手伝ってくださったり稽古見てダメ出しをくださった先輩同輩後輩方、本当にありがとうございました。これからもよろしくね。

演劇部は今年も青葉祭りで殺陣演舞をいたしますよ。5/19、20に勾当台公園です。
それから、当部員が客演する舞台もございますので!
ぜひぜひ、今年度も、東北大学学友会演劇部を何卒よろしくお願いいたします。

2012年4月30日 
演出 中村大地


2012.04.25 Wednesday

前半戦総括。

 どうもこんにちは、演出です。
昨日は休演日。前半四日間を終えて、メンバーにとっては最後の休息日。まあ学校があるから休めてんのかっつうとそうでもないと思うんですけどね。

前半を終えての総括ということでこの日誌を書いているわけですが。

いつものことながらまとまらない頭でつらつらと書いていこうかと思います。

お客さんにいろんな感想をいただいて、非難もあれば褒めていただけるのもあって、本当にうれしい限りです。

いただいた感想の中では、
「こんなことやってよかったんですね、舞台で」
というのと、
「昔のアングラの感じは懐かしくも新鮮」
というのがすごく僕には印象に残っています。

そのうえで、「まだまだやれる。もっとふりきっちゃえよ」
という演劇の先輩方からの言葉。

舞台の上では何やってもいい、許されるので、めちゃくちゃなことをめちゃくちゃに、勃発!させたいと思います。もっともっと。あと4日もあるのだから。

その様をどうぞ確かめにいらしてください。

公演メンバーは27名、それから受付に入ってくださるかたもふくめて毎日30名近くのメンバーが今日からも、日曜日まで第六ホールでお待ちしています。
ぜひぜひ、足をお運びください。

中村大地
2012.04.23 Monday

初日、二日目を終えて。

こんにちは。
演出です。
このタイミングで日誌の更新というのも中途半端、に思われるかもしれませんが、土日のマチネがおわり、今日からはソアレになります。それでひとまず更新を。

土曜も日曜も、たくさんの方に見に来ていただきました。まずは、本当に御礼を申し上げます。
毎回いろんな感想があって、私も含め、メンバー一同励み、刺激になっております。

演出とは舞台が始まってしまえば無力なもので、あとは役者が如何に、はじけきるか、を制御することはできません。
ご覧になった方はお分かりかと思いますが僕も多少ながら出演しているので、裏でドキドキしながらお客様の反応、舞台上の役者の反応を聞いております。

面白いもので、毎日毎日(ハプニングもあるからですが)少しずつ、役者の動き、声が違います。そのたび、ライブ、であることを感じます。

映画とは違って、見る回によってもきっと印象が変わるのが演劇の面白いところ。
あと6回、役者一同、共演者に、舞台に、お客様に誠実であることを肝に銘じ、そして舞台上で成長し続けていきたいと思っています。皆様どうぞよろしくお願いします。

中村大地
Powered by
30days Album
PR